2024年6月13日木曜日

Apple Intelligence御降臨

今週はApple様がWWDCを開催しましてmacOSやiOSなどの各種OSの新バージョンを発表しましたが、やっぱなんつってもほとんどの人々の注目はAIサービスの「Apple Intelligence」だったでしょうね。ま、以前から噂はありましたのでサプライズという訳ではありませんが、コレでよーやくApple様も先行するGoogleやMSなどに続き、生成AIサービス分野への参入を果たしたということになりますかな。但し、Apple Intelligenceの構造について簡単にまとめてみますと、比較的軽いデータ処理に関しては全てオンデバイスで行い、負荷がかかる処理はApple様のApple Intelligence専用サーバにアクセスしてセキュリティーやプライバシーを確保し、さらにインターネットからの情報を必要とする場合は提携したOpenAIのChatGPTを利用するらしいので完全なApple様の独自サービスとは言えないようだ。(^д^;) 尚、通信は全て暗号化して行うとのことですが詳細は不明、Apple Intelligenceを使う使わないはユーザーの判断に委ねられるのでセキュリティーが心配だという人はオフにすることも可能らしい。てゆーか、そもそも、このApple Intelligence、サービスとしてはまだまだ未熟のようでして、サービス自体が今夏にアメリカ(英語)で試験運用が開始され、秋以降にiOS18が正式リリースされてからよーやくベータ版になり、英語以外の言語に関しては来年以降に対応予定(時期不明)となっているので日本でも本格的に利用できるのはまだけっこー先になるだろな。(´~`) おまけにApple Intelligenceが利用できるデバイスがA17ProまたはM1以降となっているので当初はかなり限定的なサービスになりますな。ま、SoCなどのスペック的要因もあんだろけど、いきなり多くのユーザーが使い始めると何が起きるかわからんという不安もあってか、まずわ一部のユーザーに提供とゆー感じかしら? Apple Maps開始のときも「パチンコガンダム駅事件」などが勃発して長らくApple Mapsは糞マップという称号を与えられていましたから、今回も失敗すると致命傷になりかねませんからねぇ。(;゚Д゚) ちな、Apple IntelligenceではOpenAIと提携してChatGPTがシステムレベルで利用可能となってますが、フェデリギ氏の発言によりますと、提携先はOpenAIだけとは限らず、GoogleのGeminiなどの採用も視野に入れているようでして、今後はブラウザで使う検索エンジンのようにAIも選択制になっていく可能性があるようだ。ちゅーことは、Apple様的にはChatGPTやGeminiのような生成AIサービスとのガチンコ勝負をするつもりはないのかしら? ま、確かにApple Intelligenceでできることの多くは既に他社のサービスでも利用できることなので単に他社を後追いするよりは変化球でいくのもアリかもね。現状ではApple Intelligenceのスゴさは主宰人的にはあんまし感じないですけど、そのうち「コレは!!!!!」と思わせてくれる革新的、革命的な何か?が登場することを鼻の下を長~くして待ちたいと思います。(^ω^)

2024年5月8日水曜日

コスパ最強スマホ復活?

昨夜はApple様がiPad関連の発表イベントが開催されるってことでしたが、それ以外にもGoogleがしれっとPixel8aを発表してたみたいだ。(゚∀゚)  Pixel8aはてっきり来週開催予定のGoogle I/Oで発表されるものと思ってましたが、わざわざApple様のイベント日にぶつけてくるとはなんか意味あんのかしら?(^д^;) でぇ、そのPixel8aですけど、製品の内容自体に関しては既にほとんどリークしてましたのでサプライズ感はないですけど、ちょっと気になることは、そもそも近年のPixelシリーズの全体的なライナップがビミョーになってきてる気がしなくもなくもない。(´-ω-`) 例えばPixel8とPixel8aの違いを探してみると、本体サイズとカメラ仕様ぐらいかしら? しかもサイズは僅か0.1インチ違いだし、カメラも広角+超広角のデュアルカムという意味では8と同じ。その他の差別化はいくつかあるものの、防水仕様やディスプレイ強度など、ほとんどの人があんまし気にしないようなことばっかだ。ま、自称コンパクトスマホ愛好家を名乗る主宰人のような者はサイズは1ミリでも小さい方を好みますが、8と8aの価格差が約4マン円だと考えると、ほとんどの人が8aを選ぶんぢゃねか? Pixel8シリーズ発表のときにヤリすぎと言われた7年間OSアプデ保証も健在みたいだしね。(^д^;) 巷ではPixel8aに搭載されているSoC(TensorG3)は通常型よりUnderclockされているという説もありますが、GoogleがウリのAI(Gemini nano)も利用できるとすれば、それこそ無印8の存在意義って何?ってことにもなる罠。(x_x) 今年秋に登場予定のPixel9シリーズは3モデルに増えると言われているので、aモデルも加えた4機種体制になるなら価格設定を見直す必要がありそだ。円安の影響もあんだろけど、それを考慮してもPixel8は少し高杉たろな。ところで、主宰人がPixel8を使い始めてから半年以上が経ちますが、これまでを総括してみますと、概ねPixel8には満足してるんですが、やっぱ気になるのはサムスンクオリティーだ。コレはPixel8に限りませんが、Pixel6シリーズ以降、SoCやカメラなど主要ハードウェアにサムスンパーツを多用しているからか、通信の不安定さ、発熱問題などがよく指摘されている。ま、もともとTensorチップにはあんまし期待してなのでベンチマークがどーのこーのは主宰人的には気にしてないんすが、WiFiが自然に切断されたり、特定のアプリ(ゲーム以外)で発熱することなどは主宰人も経験している。(´-ω-`) 日常の使用で気になるってほどではないんすけど、現在サブ機として使っているiPhone13と比較すると、通信やアプリ動作の安定度はiPhone13が断然上手と感じる。その他、GPS位置捕捉、バッテリーの持ち、アンテナ/モデム性能などもiPhone13の方が優れていると実感できる。あと、意外だったのはカメラは流石にPixel8に軍配かなと思いきや、けっこー手ブレ?ピンボケ?が多いような? ま、コレは個体差(いわゆるハズレ品)なのかもしれんが。。。(T_T) ま、過去の経験からPixelに品質を求めてはいけないという教訓を得ているとは言え、そろそろその辺は卒業してもらいたいんすけど。。。(^д^;) 来年のPixel10?ではTensorチップが完全にGoogleの自力開発になると言われていますが、その他のパーツに関しては最近のGoogleとサムスンの関係からするとサムスン依存から脱却するのはなかなか難しいかしら? ま、サムスンがダメっつーより、iPhoneがよすぎるだけなのかもしれんが。。。(^ω^)